国際書道教育協会 

理事長  粟津 紅翔 

あ わ づ こうしょう/ Awazu Kosho

書道家 / Japanese Calligrapher 


本名 成冴(せいご)。1999年 横浜生まれ。
3歳より書家である母「紅花(こうか)」に師事し、書の道を歩む。幼少より多数のコンクールで最高賞を受賞。現在紅花書道塾で書を指導。
また国内外のイベントで多数の書道パフォーマンスを披露。弓道で学んだ所作を基本に長身を生かし、袴姿で10キロ越えの筆を操り、圧巻のパフォーマンスで観客を魅了。
2019年安倍元総理出席84か国海上保安機関長官級クラス会合で安倍総理挨拶後、パフォーマンスを披露し日本文化の発信に大きな役割を果たした。
ワークショップでは紅花書道塾で学んだ分かりやすい指導で好評を得ている。正月には500人書初めワークショップの記録を持つ。

国内では、増え続ける外国籍の子どもたちと保護者が日本語を楽しく学ぶ講座を設け、力を注いでいる。

2020年4月、新型コロナ終息を願う「書道チャレジ」プロジェクトを立ち上げ、実行委員長を務める。参加者は思いを込めた「書作品」をSNSに投稿しバトンを繋げて行く。その活動は海外にも届き、2か月で2000人以上が参加。2021年1月書道チャレンジ作品展を開催。
2021年7月には、「コロナで現地で応援できない東京オリンピック・パラリンピックを書で応援」と題して、将来を担う子どもたちと過去に五輪に出場したオリンピアン・パラリンピアンとともに、「書で応援作品展」を開催。
 

師範取得。 紅花書道塾理事。書道チャレンジ実行委員長。 



主なイベント先
・世界84カ国保安機関長官級会合フェアウェルレセプション(海上保安庁・日本財団主催)
・台湾義守大学
・シンガポールナンヤンポリテクニック
・象の鼻テラス
・ブランチ横浜南部市場
・ジョイナステラス二俣川
・イオンモール上尾
・イオンモール座間



活動をメディアに取り上げていただきました。

2021.7.29

国際書道教育協会と紅花書道塾共催「将来を担う子どもたちとオリンピアン・パラリンピアンで東京オリンピック2020を書で応援!」を開催を取材いただきました。

2020.12.3

国際書道教育協会が運営「外国籍未就学児とその保護者の日本語を楽しく学ぶ講座」開催を取材いただきました。

2020.7.21

国際書道教育協会理事長がレディオ湘南生出演

2020.6.18

タウンニュース

2020.6.18
タウンニュース

2020.5.26
神奈川新聞

2020.5.28
タウンニュース